menu

リスの飼い方~初心者の飼育法~

リスの食事・餌の種類と与え方

リスの食事・餌の種類と与え方

野生のリスは、ドングリや種子、果実、葉、花など植物質の餌を主に食べています。

昆虫などの動物質も、夏の時期に食料としています。

ペットとして飼う場合、野生での餌を忠実に再現するのは難しいかと思います。しかし、できるだけ近い食料を与えたいものです。

与える際にも、毎日同じペレットを餌入れに置くだけだと、リス本来の探したり隠したりといった行動ができず、ストレスの原因となってしまいます。

ペレット

ペレットとは飼育動物のための固形飼料のことです。

その生き物に合った餌の配合がされており、食べやすい形や大きさになっています。

リス専用のペレットもありますが、入手しにくい場合はマウス用やハムスター用などでも代用できます。

種子類

リスの主食は種子類です。

市販のものでは、ハムスター・リス用でミックスフードが入手しやすいかと思います。

ただ、ヒマワリの種が割と多く配合されており、与えすぎると肥満につながります。ヒマワリの種は少し与える程度にして、後は取り除いてしまいましょう。

また、鳥用の殻付き配合飼料も適しています。

殻をむいて食べる行為は本来のリスの行動ですので、リスにとって嬉しい食料のはずです。

果物

リスは果物も大好きです。よく洗って、両手でつかめる程度の大きさに切って与えましょう。

果物には糖分が多く含まれています。

与えすぎると肥満の原因になりますので、与えすぎないように気をつけましょう。

野菜

よく洗って水気を切り、適度な大きさに切って与えましょう。

サツマイモなどのイモ類は、生のまま与えても構いませんが、ゆでたりレンジで加熱した方が食べるようなら、加熱したものを与えても結構です。

大豆や枝豆などの豆類は、生のままだとレクチンという有害成分を含んでいます。

必ずお湯でゆでたものを与えてください。また、ホウレンソウにはシュウ酸が多く含まれていて、カルシウムの吸収を阻害します。

毎日与え続けると骨折の原因となる可能性があります。

動物質

夏場、リスたちは昆虫を捕まえて食べます。

これにならって、可能ならば捕まえた虫を与えてあげたいものです。

普段には、煮干し(塩分の低いもの)やゆで卵を与えると良いでしょう。

ペットショップにミルワームやコオロギが売っていれば、これらを与えると手軽に動物質の餌を与えることができます。

これら上記の餌を与える際、毎日同じ場所に置くのではく、できるだけ種子を床にまいたり渡り木の上に置いてやるなど、リスの野生下での餌の取り方に近い形をとってあげましょう。

また、春は花や草、夏は虫、秋は種子など、季節にあったリスにとっての旬の食材を選びましょう。


リスのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
おすすめリス用品通販サイト
リスの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top