menu

リスの飼い方~初心者の飼育法~

リスの飲み水と与え方

リスの飲み水と与え方

リスが一日に必要とする飲み水は5~10mlと言われていますが、与える餌の内容や気温の違いなどでも必要量は変わってきます。

腎不全などの病気になった時も、水分をたくさん摂ることで体を正常な状態に戻そうとしますので、リスが水分を飲みたい時に飲みたいだけ飲めるような状態にしましょう。

飲み水

基本的に水道水をそのままあげても大丈夫です。塩素も入っているので、蒸留水などの純水よりは腐りにくいという利点もあります。

しかし、カルキ臭が気になるという場合は、水道水を沸騰させて冷ましたものを与えればいいでしょう。浄水器で濾した水道水や、それをさらに煮沸させたものなら申し分ありません。ただ、こうした水は水道水に比べて腐りやすいので、毎日取り替えてあげる必要があります。

ミネラルウォーターは、当然ですがミネラルを含んでいます。ミネラルとは、カルシウム、ナトリウム、マグネシウムなどの無機質のことで、体を維持するのに必要な成分です。

これらはリスが普段の食事から摂取する分で十分なのですが、飲み水として毎日ミネラルウォーターを与えると、ミネラルの過剰摂取になってしまいます。
すると腎臓や膀胱、尿道に結石ができるおそれがありますので、飲み水として毎日与えるのはやめましょう。

ミネラルウォーターの中には軟水タイプもあり、こちらならミネラルが含まれていないので大丈夫です。ちなみに日本の水道水は軟水です。

飲み水の与え方

ペットショップで売られている時に、大抵のリスはボトルタイプの給水器から水を飲んでいます。

慣れているという点からも、リスを飼育する際にはボトルタイプの給水器を設置した方がいいでしょう。

譲り受けたリスなどで、給水器から水が飲めることを理解していない場合もあります。そういった時には、ボトルを軽く押して飲み口に水がついている状態にし、リスの口元へ近づけてみましょう。水が飲めることが理解できれば、自分から使用するようになります。

また、水を飲んだら飲んだ分飲み皿に補充される、床置きタイプの給水器があります。お皿の飲み水に餌やフンなどが入ってしまい、不衛生になってしまいます。

普通の陶器の器に飲み水を入れて床置きする場合も、ふたがないので同様の理由でおすすめできません。

ボトルタイプの給水器は、ボトル内の水の減り具合で、リスがどの程度水を飲んだかのおおよその把握ができます。

リスの体調管理をする際、飲み水の量の急な増減は病気の発見にもつながりますので、そういった観点からも飲み水はボトルタイプの給水器から与えるのがいいでしょう。


リスのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
おすすめリス用品通販サイト
リスの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top