menu

リスの飼い方~初心者の飼育法~

餌の与え方

餌の与え方

エサの与え方

シマリスが一日に必要とする餌の量は、およそ30グラムです。

種子、雑穀、野菜(葉物、イモ類など)、果物、ペレットなどを、午前中のできるだけ早い時間に与えます。
リスは昼行性で活動開始時間も早いので、エサも午前中に必要です。

大きな食材はリスが手で持てるくらいの大きさに切り分け、水分の多いものは餌入れに入れます。

種子類などの固形物は、床に撒いてあげるとリスが喜んで探します。

サツマイモなどのイモ類は、調理せずそのまま与えて構いません。
茹でたりレンジで加熱したものの方が好きな場合は、加熱したものを与えてもいいでしょう。

リスは食べ物を隠す習性があります。巣箱などに前の日のエサがあったとしても、毎日与えてください。

また、隠したエサで巣箱がいっぱいになってしまっているとか、果物のような傷みやすい食べ物をため込んでいる場合は、取り除いてあげましょう。

エサを変える時、新しい食べ物を与える時

例えばいつもA社のペレットを主に与えていたけれど、B社のペレットに切り替えたいといった時には、A社のペレットを使い切ったらB社のペレットにチェンジするのではなく、A社のペレットにB社のものを混ぜて、徐々に慣らしていきましょう。

また、今まで与えたことのない食材を与える時は、少量与えて様子を見て、問題ないようでしたら続けて与えていくようにします。

例えばレタスやスイカなど、繊維質に対して極端に水分量の多い食品などは特に、慣れていないのに一度にたくさん摂取すると、下痢を引き起こす場合があります

季節に合わせたエサを

野性下でのリスの餌は、季節ごとに食べる餌の内容と配分が変化します。飼育下においても、できるだけそのようにしたいものです。

貯えておいたドングリを主に食べますが、芽吹いてきた木の芽や草花も多く食べます。

また、繁殖シーズンでもありますので、特に出産を控えたメスは高タンパクな食事を摂ります。

春に咲き終えた花が付けた実や種を食べます。
虫も多くなる時期ですので、リスにとっては貴重な動物質の食事となります。

暑い時期だからといって、冷たく冷やしたエサを与える必要はありません。

エサの少なくなる冬に向けてエサを蓄え、リス自身も脂肪をたくわえようと食事量の増える時期です。

野性下ではドングリが主なエサになるので、可能な限り用意してあげましょう。

秋に蓄えておいたエサを中心に食べます。
秋のうちにドングリを冷凍保存しておき、エサとして出してあげましょう。


リスのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
おすすめリス用品通販サイト
リスの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top