menu

リスの飼い方~初心者の飼育法~

リスの臭い?!臭いの原因と消し方!日常ケアの方法

リスの臭いの原因と消し方・日常ケアの方法

「リスの臭いで困っている!」方へ、臭いの原因や対処法、臭いの消し方、季節ごとの臭いケアの方法などを紹介します。

ペットのリスが臭くなる原因は?

飼育しているリスが臭くなる主な原因は尿(おしっこ)です。

リスには強い体臭はなく、糞もそれほど臭いというわけではありません。

悪臭の原因となる可能性があるのは尿で、ケア不足や気候条件によっては臭いと感じる人も多いでしょう。

リスの臭い対策「カンファペット」をチェック!

リスの尿はどのくらいの臭さ?

リスの種類によっても多少の違いはあるものの、人によってはちょっと臭くて人を部屋に呼べないということもあるようです。

家族から「リスの臭いを何とかして」と言われた飼主さんもいます。

といっても耐えられないほどの悪臭というほどではありません。

ペットとはいえ、本来は自然環境のなかで暮していた野生の動物なので、室内で飼う場合はある程度臭いがするのは仕方がないことと考えるべきでしょう。

リスの糞(ウンチ)は臭わないの?

リスの糞はまったく臭わないというわけではありません。

掃除やケアが行き届いていないと臭うこともあります。

基本的にリスの糞はベタベタしてものではなく、乾いてしまえば強い悪臭を放つということはないのです。

糞に関してはこまめに掃除すれば大きな問題にはなりません。

むしろ尿を放置しておくと強い悪臭の原因になります。

リスの体臭の原因と消し方

リスには気になるレベルの体臭はないのが一般的です。

種類や個体差によって多少の臭いがあるリスもいますが、基本的に体臭は少ないと考えていいでしょう。

飼っているリスの身体が臭うようなら、糞や尿が毛に付着している可能性もあります。

といってもリスは自分自身でグルーミング(毛づくろい)をする習慣があるので、乾燥しやすい糞が体に付いている可能性は少ないようです。

あるとすれば尿の付着です。

体臭を消す方法は?

気になる体臭がある場合でも、リスをお風呂に入れるのはオススメできません

どうしても臭いがするようなら、ぬるま湯で濡らしたタオルやガーゼを固く絞り、リスの体(毛並み)を優しく拭くようにしてください。

体を拭こうとすると暴れるリスも

リスによっては体を拭かれている間、おとなしくジッとしていないものもいます。

暴れて体を動かしたり、逃げ出そうとすると上手く拭けないこともあるでしょう。

そういったリスなら、動物病院で健康診断をするような場合に備え、手乗り(抱っこ)のしつけをしておくといいかもしれません。

リスの好むおやつなどを与えながら、根気よく手乗りのしつけをしてください。

手乗りに慣れてくれば、体を拭かれてもジッとしているようになります。

リスの糞尿の臭いの消し方

リスの糞尿の処理には多少苦労するかもしれません。

ほとんどのリスは決まった排泄場所を持っておらず、気の向くまま、好き勝手な場所に糞尿を排泄します

犬や猫のように決まった場所に排泄してくれれば楽なのですが、リスにはトイレのしつけをしても効果が出ないことが多いのです。

無理してトイレのしつけをするのは、かなりの労力がいると考えた方がいいかもしれません。

おしっこはゲージの角など、コーナー部分にする習慣があるので、それを利用してしつけられる可能性はあります。

リスの尿は悪臭の主な原因ですので、次のような対策やケアを行なってください。

トイレ砂を用意して交換する

リスは特定の排泄場所を持たないとはいえ、トイレ砂を用意しておくと上手くいけばそこに排泄する可能性もあります。

リス用またはハムスター用のトイレ砂を準備し、ケージの角の隅(コーナー部分)に置いておきましょう。

リスは自分の尿の臭いが付着した部分に排泄をする習慣があるため、最初のうちは少し我慢してトイレ砂をそのままにしておくという方法もあります。

トイレ砂に排泄するようになったら、毎日砂を交換すれば臭い対策になります。

臭いが付着した部分を掃除する

リスの糞尿の臭いが付いてしまった部分は、雑巾などで水拭きするか重曹を混ぜた水で掃除します。

拭いた後は乾いた布で水分を拭っておきましょう。

それでも臭いが消えない場合は、小動物のペット用の消臭スプレーを吹きかけておきます。

リスの安全を確保するためにも、ヒノキなどの成分を用いた消臭剤の使用がオススメです。

ペット専用の消臭剤「カンファペット」をチェック!

特に重点的に掃除しておきたいのが、ケージ内部とケージの周辺です。

回し車やかじり木、エサ用の食器があるようなら、水洗いしてキレイにしておいてください。

ケージの床部分に敷き材を敷く

ケージ内部の掃除を簡単にするために、牧草・チップ・紙などの素材の敷き材が利用できます。

敷き材は手軽に交換できますので、糞尿が落ちていても取り換えることによって臭い対策ができるわけです。

季節によるリスの臭いの違いと対処法

春と秋の臭い対策

春は繁殖の季節なので尿がいつもより強い臭いになることがあります。

いつもの掃除だけでは臭いが解消できない場合は、ペット飼育にも使えるアルコール系のスプレーで清掃しましょう。

アルコールは自然に蒸発しますが、念のために水拭きもしておいてください。

秋は特に臭いが強くなるということはありません。

10月以降は本能的に気性が荒くなるリスもいるので、掃除の際には充分な注意が必要です。

夏の臭い対策

夏も秋冬と同様、特に糞尿の臭いが強くなるということはありません。

リスの飼育にはエアコンが不可欠ですが、ゲージ内の温度が上がると尿が臭う可能性があります。

夏場は適度に空気の入れ換えをし、特に臭うようならゲージやゲージ周辺の清掃を1日2~3回行なってください。

冬の臭い対策

リスのなかには冬の季節に冬眠するものもいます。

冬眠期間中は数日程度眠り、一度起きてエサを食べたり排泄を行ないます。

そのためリスが冬眠していても糞尿が出ることがあるので、2~3日に一度は糞尿チェックをして掃除をしてください。

リスの臭い対策の日常的なケア方法

体臭の対策

リスの体臭が強いと感じたら、濡れたガーゼなどで優しく拭いてあげるか、砂浴び用の砂をケージに入れてあげましょう。

砂浴びをすると毛並みに付着した臭いが取れやすくなるので、体臭対策として効果があります。

砂は汚れる前に交換し、臭い漏れがしないように密封して捨ててください。

ケージの臭い対策

ケージは床にリス用のシートやチップなどの敷き材を敷いておくと、糞尿の臭い対策や清掃対策として使用できます。

掃除をするときは敷き材を交換し、ケージの柵や枠、内部の回し車やかじり棒などもキレイにします。

水洗い可能なものは水で洗浄し、できないものはアルコールスプレーや重曹を混ぜた水で拭きましょう。

ケージ周囲の臭い対策

リスは勢いよくおしっこをする習慣があり、尿がケージ周辺に飛び散っていることがあります。

臭い予防にはケージ周辺にシートや新聞紙を敷き、こまめに取り換えるという方法が有効です。

おしっこは意外に遠くまで飛んでいる場合があるので、臭うようなら室内の床やじゅうたんも掃除するといいでしょう。

可愛いリスを快適に飼うためにも、定期的な清掃やこまめなケアは欠かせません。

忙しくて掃除ができにくいという場合は、便利なペット用のグッズを活用してください。

ときには室内のカーテンや壁も掃除し、臭いのないペットライフを実現しましょう。

毎日のお世話を軽減「カンファペット」の詳細はこちら
petnyuryoku


リスのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
おすすめリス用品通販サイト
リスの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top